明るい元気な子どもを育む 神奈川県横浜市港北区
高木学園附属幼稚園のご案内

園での日々のようす

11月のお誕生会

今日は11月生まれのお友達をみんなでお祝いする「お誕生会」でした。今月のお誕生日のお友達は少なめでしたが、先生に名前を呼んでもらい、前に出て来て、幼稚園のみんなに「お誕生日おめでとうございます!」と言ってもらい嬉しそうでした。

先生たちによる「たかぎ劇場」は、昨年度の年中組が生活発表会で取り組んだ「みなみの島のクリスマス」のお話でした。

題名を聞いた年長組は「なつかし~!!」と口々に言っていました。この劇には4役の登場人物がいましたが、よく覚えていて「最初は象だよ」「ちょっと踊りが違うな」などの声が聞かれました。

生活発表会では、年少組はちょっぴり高い舞台の上で踊るということに挑戦します。1年後の年中組になると、簡単なストーリーのお話を演じます。友達と一緒にマイクの所まで行きセリフを言ったり、踊ったりします。

最後には全員で踊りますが、今日の最後の踊りのタイミングでは、見ている現年長組が踊り始め、年中・年少の子も、先生の動きを見ながら踊り、幼稚園の全員で踊ったという感じになりました。

 

11月生まれのお友達、おめでとう!1歳大きくなったので、今までよりもちょっぴり難しいことにも挑戦していけると良いですね。

今年度の生活発表会は、園舎建替え最中の昨年とは異なり、1クラスを2つのグループに分け、2日に分けて行います。(昨年度は会場の都合上、クラスの全員で舞台の上での出し物に取り組みました)練習に日々取り組んでいますが、もう1つのグループの取り組む姿を見て、気づく事、学ぶこともあるようです。まさに「見学=見て学ぶ」ですね。友達の良い所に気づいたり、自分の役がさらに良くなるように考える姿も見られています。

年長組は一人ひとりに役割があり、起承転結のある少し長いお話に挑戦しています。

生活発表会の当日には皆様に3学年7クラスの出し物を楽しんでいただけるよう、ブログでの紹介を控えめにしていきたいと思います。

是非楽しみにお待ちください。