明るい元気な子どもを育む 神奈川県横浜市港北区
高木学園附属幼稚園のご案内

園での日々のようす

こまの実験

 年長組は今日は(生活発表会予行練習前日ですが)、こまづくりに挑戦。
ご家庭で要らなくなったCDなどお持ちいただき、ありがとうございました。
CDにビー玉とペットボトルのキャップをつけるだけで、よく回るこまが出来ます。
ここまでは簡単ですが、今回はその回っているときに描かれている模様がどんな感じに変化するかなどを見ました。

最初に回っている状態の模様をみんなで見て、どんな模様が描かれていたのか想像しました。色々な意見が出ましたが、最初の止まっている写真を見てびっくり!
先生に模様の描いてある紙を順番に貸してもらい、自分達でも回してみました。
見ていると、「色がまざる!」「点と点がつながって線になる!」などなど色々な発見があったようです。
早速自分達でも模様を描くことに。
描いている模様が、回すとどうなるか、途中で何度もCDに乗せて回したりしていました。

 色々な顔を描いた子もいて、回すと逆に回っているように見えたことに驚いた子もいました。

簡単に作れますが、とっても楽しかったようで、1時間以上楽しむ子もいました。

今日の活動では、先生の話をしっかり聞き、理解し、興味を持つところから始まりました。
そして、自分で考え行動する(幼稚園教育要領の中の発達で言うと「人間関係」」)、身近な物や遊具に興味を持って関わり、自分なりに比べたり、関連付けたりしながら考えたり、試したり、工夫して遊ぶ(同「環境」)、先生や友達の話に興味関心を持ち親しみをもって聞いたり話したりする(同「ことば」)、描いたり作ったりすることを楽しみ、遊びに使ったり飾ったりする(同「表現」)を始め、様々なことを経験できたと思います。
幼稚園の生活って、色々な事が総合的に経験出来、楽しめる ということが大切ですね。
これからも、色々な遊びを提供し、様々な経験を積み重ねていきたいと思っています。